Sun. Sep 25th, 2022

日本と最新のロボット技術

東京のオフィスビルに設置されたこの警察ロボットは、バッテリーで動作し、遠隔地にいる人間のスタッフのために構内をパトロールします 日本は高齢化と労働力の減少に伴い、老人ホーム、オフィス、学校などにロボットを導入している。同じ問題に直面している他の国々に何を教えることができるだろうか? 急速な高齢化、記録的な海外からの観光客の増加、そしてこれまで以上に多くのロボットが登場するなど、日本は変わりつつある。そこで登場するのが、日本の若者たちです。BBC Worklifeの新シリーズ「Gen J」は、日本の次世代がどのように明日の日本を形成していくのか、その過程をお伝えします。 東京・品川の洗練されたオフィスビルでは、ランチのために社員が出たり入ったりしています。ガラス張りのドアをくぐると、2人の警備員とすれ違い、それぞれが厳粛な沈黙の中で通路を囲んでいる。しかし、その警備員の一人がロボットであることに気づくまでは、何の変哲もない光景にしか見えませんでした。 身長180cm、車輪付き、青い制帽をかぶった彼の名前はウーゴ。2時間おきにビル内を巡回し、呼び出しボタンを押してエレベーターを呼ぶこともある。普段は青い大きな目をしたデジタルな「顔」が、日本語の「勤務中」という文字に置き換えられている。 昨年、トヨタが発表した2020年夏季オリンピックのロボットマスコット。自動車大手は大会期間中、人間支援ロボットも公開する 。 近年、見出しや評論家、政治家はしばしば、我々は職を奪うロボット革命の真っ只中にいると警告してきた。しかし、ロボット工学者は、彼らの創造物は我々に取って代わるのではなく、むしろ補完するものだと主張している。さらに、郊外の老人ホームから政府の最高レベル機関に至るまで、多くの機関がロボット時代を積極的に受け入れており、数年前にロボット開発に1000億円を投資することを発表した。中には、若い新入社員へのアピールポイントとして、ロボットの同僚を強調する企業もあるほどだ。 2020年の東京オリンピックが近づくにつれ、トヨタのような企業が、ゲストと対話し、フィールドでアスリートを助ける新しい人型ロボットを披露する場として、世界の注目が日本に向けられているのです。世界的に高齢化が進み、自動化が進む中、日本のロボットフレンドリーな現在が、他のすべての人の未来になる可能性があるからです。 この警察ロボットは、別室にいる人間の目となり耳となり、警察官をサポートする。中国や韓国などの国々がこのような技術に関心を示している。 この警察ロボットは、別室にいる人間の警官の目となり耳となる。中国や韓国などの国々は、このような技術に関心を示している。 新しいテクノロジー、高齢化社会 東京の特別養護老人ホーム「シルバーウイング」では、20数名の高齢者が共有スペースに座り、プリンのカップが配られている。部屋の中央には職員と人型ロボット「ペッパー」がいて、グループゲームや体操を指導しています。 Pepperは「漢字当てゲーム」を主催しています。大きなスクリーンに超拡大された漢字の一部が映し出され、観客はそれを声に出して確認しなければなりません。入居者の多くは認知症の方です。 「コミュニケーションロボットと人間のスタッフとの自然な会話の中で、認知症の方がどこにいるのか、誰なのかを尋ねています」と、銀翼のディレクター、石川公也は言います。”入居者一人ひとりの個人情報を覚えるのは(ロボットと比較して)難しいので、その部分でロボットが(支援に)活用されています。” 日本は高齢化の波、少子化、人口減少により、人口動態の大きな課題に直面している 。

私たちはインターネットに依存しすぎているのではないか?

15年前の自分がどうだったかを考えてみてください。学校の課題で、どのように研究していましたか? どうやって調べましたか?どうやって友達に連絡したのか?どうやって 近所の宅配ピザ屋の電話番号や、2つ先の町にあるショッピングモールへの行き方をどうやって調べましたか? 面白いことに、これらの技術はあっという間に私たちの生活に浸透し、今では欠かせないものとなっています。今では、ほとんどの人がどこに行くにもミニコンピュータを持ち歩いています。そのような用途に使わなくても携帯電話のほとんどはウェブに対応しています。仕事柄、ブラックベリーを持っている人も多いでしょう。 仕事柄、ブラックベリーを持っている人も多く、24時間いつでも接続できることが期待されています。新しいiPod Touch(新しいウィンドウ)でも、ウェブ接続が可能です。 iPoneが提供するすべてのものが欲しいが、AT&Tに契約を変更することを拒否する私たちのそれらのための接続性を提供します。 AT&Tに契約変更することを拒否している人たちのために。 私はこのようなことをよく考えてしまうのですが(そして大抵はその意味合いからすぐに考えるのをやめてしまう)、今日あるビデオが送られてきて、1997年以前(私が正式にAOLアカウントを取得したとき)にも人生が存在していたことを実感しました。それは、もし「24」が1994年に作られていたらどうなっていただろうかというビデオです。 明らかにユーモアのある内容ですが、これは、私たちのテクノロジーへの依存度について、いくつかの深刻な疑問を投げかけています。私は、技術的に何十年も後退するような大災害が起こるとは思っていませんが、生活を便利にしようとするあまり、テクノロジーが実際に私たちを愚かにしているのではないか、と考えることはできます。例えば、Microsoft Wordのスペルチェック/文法チェック機能の栄光を考えてみよう。誤りを減らそうとするこの技術のせいで、私たちは今、正しい綴りも正しい句読点の打ち方も知らない子供たちを育てている(と私は思っている)。また、携帯電話を例にとると、電話番号がすべて携帯電話に保存されている今、誰が電話番号を暗記する必要があるのでしょうか。しかし、多くの人が気づいているように、携帯電話のバッテリーが突然切れ、覚えている番号が実家だけになったとき、これは大きな問題になる。 しかし、キーボードを数回クリックすれば何でも見つかるという世界しか知らない次世代のインターネット・ユーザーが心配になる。このような子供たちは、インターネットに完全に依存しなければ学べたはずの実用的な社会常識が欠落したまま大人になるのではないか、と私は危惧している。 また、この問題を別の角度から見てみると、人々が現実の世界よりも仮想世界を選んでいるかどうかということになります。私はよくコンピューターに触れます。仕事、学業、趣味の合間に、1日10〜12時間、時にはそれ以上コンピューターに向かっていることがよくあります。しかし、オンラインゲームを50時間続けてプレイするのはどうでしょうか(新しいウィンドウ)。あるいは、インターネット中毒のために12日間のブートキャンプ(新しいウィンドウ)に参加させられるとしたら?私たちはこのような方向に向かっているのでしょうか。バーチャルな手段だけでコミュニケーションをとる人々の世界、私たちが知っているような対面での交流は終わりつつあるのでしょうか。

VPNとは何か、なぜVPNを使うべきなのか

「仮想プライベートネットワーク」という言葉を聞くと、一般ユーザーにとってはハイテクすぎるもので、VPNを使う理由などないと思われがちだ。しかし、実はそんなことはなく、VPNは大企業にも個人にもメリットがあるのです。旅行や公衆無線LANの使用、機密情報の送信、あるいはNetflixのエンターテイメントオプションの閲覧など、すべての活動はVPNを使用することによってより安全に行うことができます。 VPN は何をするものですか? VPN は、仮想プライベートネットワークの略です。基本的には、VPN は暗号化されたサーバーを提供し、企業、政府機関、および自称ハッカーからあなたの IP アドレスを隠します。VPNは、公共の場や共有のWi-Fiを使用している場合でも、あなたの身元を保護し、あなたのデータは、任意の詮索好きなインターネットの目からプライベートなものとして保持されます。 VPNは、あなたのインターネット接続をホストサーバーに送る代わりに、あなたの個人的なISPを迂回します。世界中に配置されたサーバーにより、ユーザーは自分自身を「移転」させ、ほぼどこからでもインターネットにアクセスすることができます。暗号化は、特にリモートアクセスを頻繁に利用する企業にとって、セキュリティの層を厚くするものです。また、旅行、ゲーム、ストリーミングにも便利なツールです。 なぜVPNが必要なのでしょうか? VPNが何であるか分かったところで、なぜVPNが必要なのかについて詳しく見ていきましょう。 1. 公衆Wi-Fiでのセキュリティ 公衆無線LANは便利ですが、セキュリティが犠牲になっています。近所のコーヒーショップでメールに返信したり、空港で無心にソーシャルメディアをスクロールしていると、誰かがあなたのオンラインアクティビティを追跡しているかもしれません。 VPNを使用すると、他のネットワークにいる間、閲覧履歴、銀行情報、口座パスワードなどを悪意のある見知らぬインターネットユーザーから隠し、データを保護することができます。 2. インターネット・サービス・プロバイダーからのデータ・プライバシー 自宅のWi-Fiに接続している間は、公衆回線に比べて見知らぬ人から攻撃される可能性は低くなります。しかし、あなたのデータはまだ脆弱です。 あなたのISP(Comcast、Spectrum、Verizonなど、毎月Wi-Fi料金を支払っているインターネットサービスプロバイダー)は、あなたのインターネットデータすべてにアクセスすることができます。ISPは、あなたがいつ、どこで、どのようにブラウジングしているかを見ることができます。 3. 使用するアプリやサービスからのデータプライバシー あなたの家に持ち込まれた潜在的な責任は、ISPだけではありません。残念ながら、私たちのお気に入りのアプリやインターネットサービスの多く(特にFacebook)は、ユーザーのデータを使用する方法について呼び出されています。 VPNは、アプリやWebサイトがあなたの行動をあなたのコンピュータのIPアドレスに起因することを防ぐことができます。 また、位置情報やブラウザの履歴の収集も制限することができます。 4. 政府からのデータプライバシー 多くのISP、アプリ、インターネットデータハブは、あなたのブラウジングデータを政府に売却しないことを示唆していますが、それでも情報は政府の手に渡ります-たとえ米国内であっても。 2013年、エドワード・スノーデンがベライゾンがユーザーのインターネットや電話のデータをNSAに売っていたことを初めて明らかにして以来、アメリカ人は政府がさまざまな方法でユーザーのデータを監視・収集していることを意識するようになりました。

日本の学生はオンライン学習に満足しているのか?

キャンパスライフへの復帰を目指し、大学で予防接種を受ける学生が増える中、専門家は、昨年のコロナウイルスの出現で始まった日本のオンライン教育・学習構造の受け入れがもたらす結果に気を引き締めている。 「私は毎日6時間ぶっ続けで、自分の講義を受ける何百人もの学生にオンライン授業を提供し続けています。と、国立大学法人九州大学ソーシャル・ビジネス研究センター長の岡田正治教授は語る。「この経験は、私にとっても学生にとっても新しいもので、今後の日本の高等教育に大きな変化をもたらす兆しです。 生徒たちからは『オンライン授業がいい』と言われるようになりました。長時間通学する必要がなく、教室とは違う多様な場所で勉強できることが大きな魅力です。COVID-19は、大学教育に小さな革命を起こしたと言えるでしょう」。 文部科学省が6月23日に発表した調査では、6割以上の学生がオンライン授業に「満足」「やや満足」と答えています。その理由として、「自分のペースや場所で学習できること」が上位に挙げられています。 この調査は、大学、大学院、高等専門学校の学生3,000人を無作為に抽出し、1,744人から有効回答を得たものです。 岡田は、「私は教室で講義をすることに慣れていました。これは、テクノロジーを効果的な教育ツールとして無視してきた日本の大学では当たり前のことでした」と説明します。 6月3日に内閣府が発表した新しい報告書によって、オンライン教育・学習の将来が大きく後押しされました。 6月3日に発表された「高等教育におけるICTベースの教育を含む政策文書」は、大学における遠隔教育やオンライン教育を明確に推進しています。 このペーパーは、教育やテクノロジーの専門家が主導する「教育再生実行会議」がまとめた調査に基づいている。 菅義偉首相、萩生田光一文部科学大臣をはじめとする政策担当者がヒアリングに参加しました。 その中で、「新しい教育」のあり方として、高等教育におけるオンラインと対面での学習や大学間連携システムの組み合わせのメリットを挙げている。 また、「高等教育における柔軟な学習アプローチは、インターネット上で無料で利用できるリソースの共有による多様性を促進し、産学連携による職業教育の機能を強化する」ことが報告書の主要な内容となっています。 一橋大学グローバル教育センター長の太田宏教授は、日本ではオンライン教育・学習の導入が遅れていると説明します。 「日本にはデジタルデバイドがあり、世代間ギャップは高等教育にも現れています。コロナウイルスの出現により、大学は上級教員のテクノロジー・スキルを高めることに力を注いでおり、よりオンラインに精通した教員を生み出し、学生に新しい門戸を開いています」と、University World Newsに語っています。

インターネット上で最も人気のあるソーシャルネットワーク

現在最も人気のあるソーシャルメディアサイトを調べてみましょう。見慣れたものもあれば、そうでないものもあるはずです。あなたのブランドにとって素晴らしいかもしれないけれど、まだ探求していないものを発見してください。 フェイスブック Facebookは、毎月20億人以上が利用している最大のソーシャルメディアサイトです。これは、世界人口のおよそ36.9%がFacebookユーザーであることを意味します。2億以上のビジネス(主に中小企業)がFacebookツールを使用しており、700万以上の広告主がFacebook上でビジネスを積極的に推進しているため、ソーシャルメディア上で存在感を示したい場合には、かなり安全な賭けとなります。 テキスト、画像、ビデオコンテンツ、ストーリーズなど、ほとんどすべてのコンテンツフォーマットがFacebookで有効に機能するため、Facebookを始めるのは簡単です。しかし、Facebookのアルゴリズムは、人々、特に家族や友人からの会話や有意義な交流を呼び起こすコンテンツを優先しています。Facebookで会話を始める方法について詳しく知りたい方は、Facebookでビジネスをマーケティングするためのガイドをご覧ください – 結果を測定することができます。 YouTube  YouTubeは、ユーザーが毎日10億時間もの動画を視聴する動画共有プラットフォームです。YouTubeは、2番目に大きなソーシャルメディアサイトであることに加え、親会社であるGoogleに次ぐ2番目の検索エンジンと呼ばれることもよくあります。 ですから、もしあなたがビデオマーケティングを使ってビジネスを促進するのであれば、間違いなくYouTubeを利用する必要があります。まず始めに、あなたのブランドのためにYouTubeチャンネルを作成する方法をご紹介します。そして、あなたのビデオがより多くの人に発見されるようにするために、我々は、YouTube SEOについて読み、またはあなたのリーチを増やすためにYouTubeで広告を検討することをお勧めします。 WhatsApp WhatsAppの会話スクリーンショット WhatsAppは、180カ国以上の人々に利用されているメッセージングアプリです。当初、人々はもともと家族や友人にテキストメッセージを送信するためにWhatsAppを使用していました。徐々に、人々はWhatsAppを通じてビジネスとコミュニケーションを取るようになった。 WhatsAppのビジネスプラットフォームにより、企業はカスタマーサポートを提供し、購入した商品に関する最新情報を顧客と共有することができます。小規模企業向けにはWhatsAppビジネスアプリがあり、企業向けにはWhatsAppビジネスAPIを利用できます。 最も広く利用されているメッセージングプラットフォームである WhatsApp は、御社にとって素晴らしいカスタマーサービスチャネルとなることでしょう。WhatsApp ビジネスユーザーのサクセスストーリーをご覧下さい。 インスタグラム Instagramフィードスクリーンショット ビジュアルプラットフォームであるInstagramは、写真や動画で製品やサービスを紹介する場所です。アプリ上では、写真、ビデオ、ストーリーズ、リール、ライブビデオ、長編ビデオのIGTVなど、さまざまなコンテンツを共有することができます。 ブランドとして、Instagramのビジネスプロフィールを作成することができ、プロフィールや投稿の豊富な分析機能や、サードパーティツールを使用してInstagramの投稿をスケジュールする機能が提供されます。 プロ並みにInstagramを活用するために、Instagramマーケティングの完全ガイドをご用意しています。 Facebookメッセンジャー メッセンジャーの会話スクリーンショット Messengerは以前はFacebook内の機能でしたが、2011年以降、Messengerはスタンドアロンアプリとなり、機能が拡張されました。企業は広告を出したり、チャットボットを作ったり、ニュースレターを送ったりすることができます。これらの機能により、ビジネスにおける新たなエンゲージとコネクションの方法が無数に生まれました。 WeChat WeChatは、中国最大のテック企業の1つであるTencentによって2011年にリリースされました。WhatsAppやMessengerと同様に、WeChatも元々はメッセージングアプリでしたが、オールインワンプラットフォームへと進化しました。メッセージングや通話に加え、ユーザーはオンラインショッピング、請求書の支払い、食料品の購入、送金、予約、タクシー予約などを行うことができます。

Covid19のパンデミックに日本はどう対処しているか

東京オリンピックが閉幕した数日後、日本はコロナウイルス災害に向かって突き進んでいるように見えました。8月13日、開催都市では、デルタ型に起因する新たなCovid-19感染者が5,773人発生したと報告されました。全国では25,000人を超えた。 感染者の急増は、オリンピック開催に反対していた国民に、パンデミックのために競技が見られないと告げ、憤慨させることになった。病院はかつてないほどの負担を強いられ、ベッド不足のため、陽性と診断された数千人の患者は自宅で療養し、場合によっては命を落とすことになった。 当時の菅義偉首相は、自らの最高顧問を無視して大会を推進し、支持率が低迷する中、退陣に追い込まれた。半年近く続いていた首都圏の非常事態は、またもや延長されそうな勢いである。 緊急措置がようやく解除されてからほぼ2週間が経過した今週、東京をはじめ日本全国で新たな感染者が激減し続けている。英国を含むヨーロッパの一部では、8月以降世界的に緩やかに減少しているにもかかわらず、感染者を抑えるのに苦労している。一方、日本の感染者は1年以上ぶりの低い水準に落ち、世界第3の経済大国である日本にとって最悪の状況は脱したかもしれないという楽観論を引き起こした。 月曜日に東京で報告された感染者数は49人で、これは昨年6月下旬以来の最低値であり、日本全国では369人であった。 専門家によると、日本の運勢の異常な好転を説明できる要因は一つもない。 しかし、日本では予防接種と複雑な歴史的関係があるにもかかわらず、スタートが遅かったにもかかわらず、ワクチン接種が印象的な公衆衛生キャンペーンに変身し、米国でのワクチン接種を遅らせたような抵抗もほとんどなかったという点では、広く意見が一致している。 今日まで、日本は1億2600万人の人口のほぼ70%を保護するためにコビドワクチンを投与してきました。 政府は、11月までに希望者全員にワクチンを接種すると発表している。今週、岸田文雄新首相は、12月から医療従事者と高齢者を対象にブースターショットを提供すると述べた。 専門家が挙げたもう一つの要因は、インフルエンザが流行する前の季節に染み付いたマスクの着用が広まっていることである。諸外国では室内などでのマスク着用が義務化されているが、日本人の多くはいまだにマスクなしで外出することに抵抗があるようだ。 サマースパイクの終焉 オリンピックの開催期間中は、たとえ会場に入ることができなくても、暑い日には集団で過ごすことが多く、リラックスした雰囲気が夏の流行に拍車をかけたかもしれません。 日本でのレストラン 日本は先月、非常事態を解除したが、専門家は自己満足は冬に再び感染症の波を引き起こす可能性があると警告している。 京都大学の感染症モデラーで政府アドバイザーの西浦博氏は、「休日は、普段会うことのない人と会い、しかも顔を合わせて食事をする機会が多くなる」と語った。 しかし、キングス・カレッジ・ロンドンの人口衛生研究所の前所長である渋谷健司氏は、「人の流れが8月の感染症を促進したのか」と疑問視している。 「主に季節性、次にワクチン接種、そしておそらく我々が知らないウイルスの特徴によって引き起こされる」と述べた。 今のところ、日本では楽観的なムードが漂っており、「日常」が戻りつつあることが感じられる。

学生のためのクールなウェブサイト

インターネットは、情報、知識、コンテンツが豊富な場所であり、どこを見ればいいのかがわかれば、学生を本当に助けることができます。インターネットには楽しいウェブサイトがたくさんありますが、ゲームチェンジャーとなる便利なウェブサイトも無限にあり、試してみようと思えば、どんな人の人生も本当に向上させることができるのです。 1. ゴールキャスト GoalCastは、特にインスピレーションやモチベーションが必要なときに検索するのに最適なウェブサイトです。このウェブサイトの発案者であり制作者である2人は、目的意識を持った人生観を共有することを意図して、このウェブサイトを作りました。二人は、誰もが自分自身の現実と成功の創造主であるという信念を共有したいと考え、インターネットを通じて他の人に教え、刺激を与え、影響を与えるためのコンテンツを作りました。 GoalCastのウェブサイトでは、インスピレーションを与える実話、成功するためのヒントを共有する教育コンテンツ、自己啓発コンテンツなどを提供しています。学生時代、どうしても背中を押されることが多いので、その間に成功への道を磨いてみてはいかがでしょうか。このサイトを一度ご覧になってみてください。 2. TED もしあなたが、Youtubeなどのプラットフォームで共有され、広く人気を博しているTEDトークをご存じなら、TEDのウェブサイトをチェックしてみてください。この組織は、スピーチや何やらを通して、役に立つアイデアや知識を広めています。 TEDはウェブサイトで講演を提供しており、あなたが想像できるほとんどすべてのトピックをカバーしています。これもまた、あなたの知識タンクを満たし、モチベーションを上げるのに役立つ、優れたウェブサイトです。 3.Reddit Redditは、セクションに分類された巨大なフォーラムとコミュニティボードで、人々は共通の興味に関するアイデア、意見、メディアを共有しています。最も関連性の高い投稿は、upvotedされ、上位に表示されます。Redditは、ユーザーベースが巨大で、何でも相談できるため、学生にとって良いウェブサイトです。 インターネットのフロントページ」とも呼ばれるRedditは、使い方を覚えれば、良い情報源になります。さらに、掲示板のソーシャルでインタラクティブな側面は、何かを学ぶことをより楽しくしてくれます。 4. Bigthink BigThinkには、人生のあらゆる側面からのアイディアが含まれている。このサイトの投稿者の多くは著名人であり、投稿者は何千人もいるため、結果的にプラットフォーム上に知恵と知識の膨大なコレクションが存在することになります。 科学、精神、個人の成長、テクノロジー、そしてあなたの興味を引くような興味深いトピックのビデオまで提供しているので、私たちはこのウェブサイトをお勧めします。結局のところ、知識は力なのです。 5.ショッピファイ Shopifyを使えば、文字通りオンラインで自分のビジネスを始めることができます。起業家になりたいと思ったことはありませんか?プラットフォームを訪れてみてください。 Shopifyは、ユーザーがどこにいても自分のストアを立ち上げることができ、またカスタマイズなどもできるコマースプラットフォームなので、誰でも自分のプラットフォームを通じてオンラインストアを立ち上げることができます。これは、草の根的なアプローチですが、近代化されています。Shopifyのアプリストアは、ウェブサイトを作成するプロセスを容易にするのに役立ちます。これは、学生なら誰でもできるクールな新しい試みです。収入を得られるようなことをやってみませんか? 6.   サウンドクラウド Soundcloudは、ユーザーがプレイリストを作ったり、自分の音楽を宣伝したり共有したりできる、素晴らしい音楽共有ウェブサイトです。Soundcloudは、特に音楽好きなら、学生にとって素晴らしいウェブサイトです。常に大量のオリジナルコンテンツがあり、ラジオでは決して聴けないような曲や小道具もあります。さらに、ユーザーは自分の好きな曲でプレイリストを分類することができます。 Soundcloudでは、お気に入りのポップアーティストの最新情報をキャッチしたい場合、バイラルミュージックやトレンディングミュージックも探索することができます。さらに、ジャンルや内容に応じて、カテゴリー別に音楽を分類することもできます。

日本、6月から観光客を受け入れ

アジア諸国が海外旅行者へのサービスを再開する中、アジアで最も人気のある旅行先のひとつである日本は、依然として閉鎖的なままです。 それが間もなく変わるかもしれない。岸田文雄首相は木曜日、ロンドンでの記者会見で、日本が6月に国境管理を緩和することを発表した。 地元では、パンデミック関連の国境規制の緩和を祝うことが多いが、日本ではこのままの措置で構わないと言う人もいる。 パンデミック以前から、多くの地元の人々は国内旅行を好んでおり、政府が支援する観光庁によると、2019年の国内観光総額は21兆9000億円(1670億ドル)だった。 現在、日本人は海外旅行が認められているが、多くの人は「海外に行きたくない」ので、代わりに「国内旅行」を選ぶと、旅行会社ジャパン・ローカライズの創業者、宮本大氏は言う。 日本スペースシステムズの専務取締役である三上泉氏は、パンデミック前に観光地であった九州島と沖縄島を訪問した。観光客が少なくなり、安心できたという。 家にいる時間が長かったので、この機会に屋外に出る人もいる。 大学生の森重昭吾さんは、1998年の冬季オリンピックが開催された長野県に何度もスキー旅行に行き、地元の人たちで「驚くほど混雑していた」という。 ツアーは変化している 日本政府観光局によると、日本への海外旅行者は2019年の約3200万人から、2021年にはわずか25万人に減少した。 ほぼ全員が地元の人という客層で、一部のツアー会社は地元の関心に適合するようにツアーを再設計した。 日本の旅行者は大都市を訪れることを避け、「歩いて発見できる」アウトドア体験を選んでいると、宮本氏は言う。そこで、パンデミック以前は英語を話す外国人向けのツアーを提供していたジャパン・ローカライズドは、地元のツアー会社マイマイ京都、マイマイ東京と協力し、日本語のウォーキングツアーを提供することにした。 また、キャンプ場や温泉で過ごす人も増えているという。 「キャンプ場はとても人気があります。「キャラバンのレンタルやアウトドア用品の販売も好調で、アウトドアに出かける人が増えているようです」。 若い人に人気の高級温泉は「かなり好調」だが、伝統的な温泉は、高齢者が「コビットをかなり恐れて」あまり外出しないため、苦戦しているとリー氏は述べた。 観光客の食欲は変化し、「人口密度の高くない地方」で「ニッチ」なアクティビティを求めるようになっているのだという。 オーバーツーリズム 観光庁によると、日本は2019年に3200万人近くの外国人観光客を迎えましたが、そのわずか10年前の680万人から増加しました。 観光客の急増により、文化的に豊かな京都のような主要な観光地は、オーバーツーリズムに悩まされることになった。 夏は旅行需要でガツガツいくと思う、とマリオットCEO 京都の住民は今、「沈黙が戻ってきた」と言っている。宮本氏は、外国人観光客が大声で話し、地元の人に無礼な態度を取った事例を紹介し、次のように述べた。 同様に、リー氏は「京都の過剰観光に怒っていた多くの人々が、今では『20年前の京都のように感じる』と言っています。

インターネットの歴史

今では当たり前に使っているインターネット。毎日使用しているパソコンやスマートフォンでは、インターネットの存在は欠かせません。最近ではリモートワークが促進されており、ますますインターネットの重要性が高まってきています。では、インターネットはどのように誕生したのでしょうか。この記事ではインターネットの歴史を振り返っていきます。 ぜひこの記事でインターネットに関する詳しい情報を身につけましょう。 そもそもインターネットとは インターネットがどのように機能するかについて考えることはあまりなく、多くの人がインターネットを当たり前のものと思っているため、これは難しいことかもしれません。簡単に説明すると、インターネットは、標準化された方法で互いに通信し、効率的かつ効果的に情報を共有することができるコンピュータの非常に大きなネットワークであると言えます。 インターネットの歴史 1969年、インターネットの最初のバージョンが作られ、4つの「ノード」間のネットワーク(ARPANETと呼ばれる)としてセットアップされました。UCLA、スタンフォード研究所、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ユタ大学(マック)の4つの「ノード」間でネットワーク(ARPANETと呼ばれる)が構築された。1969年10月29日、チャーリー・クラインという学生プログラマーが、ARPANET上で最初のメッセージを送った。 LO」というシンプルなメッセージは「LOGIN」のはずだったが、「O」の後にシステムがクラッシュしてしまった(ノーマン)。 ARPANETとは? ARPAとは、Advanced Research Projects Agencyの略。NETはネットワークの略。ARPAはアメリカ国防総省の一部でした。 このように地味な始まりから、情報共有やコミュニケーションの新しい方法が生まれてきました。1971年には、最初の電子メール・メッセージが登場し、さらにネットワークの構築と国際的な拡大が見られ、1983年に発表されたネットワークの標準化が促された(McDowall)。これがやがて、1993年にCERN(欧州原子核研究会議)が発表し、ティム・バーナーズ=リー(Greenemeier)が主導したWebの確立につながったのです。したがって、この言葉はしばしば同じ意味で使われますが、インターネットとWebは別物です。Webは簡単に言うと、インターネット上で動作するアプリケーションで、インターネットからの情報を標準化し共有する方法を促進するものです。 Web上の情報を表示するためのプラットフォームとして、ブラウザが必要となり、現在では、Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeの3つが代表的なブラウザとして知られている。また、Web上の情報をインデックス化し、検索するツール、すなわち検索エンジンの必要性が高まり、現在では、Google、Yahoo!などが世界中で使用されるようになりました。 DNSシステム誕生 DNS(Domain Name Servers)のコンセプトは、1984年(ジョージ・オーウェルの小説と同じ年)に生まれました。DNS以前は、ネットワーク上の各ホストコンピューターには、単に名前が割り当てられていました。この名前は、誰でも簡単にアクセスできる一元化されたデータベースに登録されていましたが、教育、医療、ニュースなど、目的別にコンテンツを分類する機能はありませんでした。 DNSシステムは、各ホストコンピューターに接尾辞を付け、.edu、.gov、.orgなど、今日見られるような階層的なウェブアドレスを誕生させたのである。また、国別に場所を分けることもできます。

ネットで安全に過ごすには,インターネットを利用するすべての人のためのガイド

自宅の安全を確保するために、ドアに鍵をかけます。自転車が盗まれないようにするには、自転車用の鍵をかけます。大切なものを守りたいときは、金庫に保管します。しかし、オンライン上で自分のアイデンティティを守るにはどうしたらよいのでしょうか?私たちは、サイバーセキュリティのヒントとベストプラクティスを満載した包括的なインターネット安全ガイドを作成し、あなたがオンラインで安全に過ごすためのお手伝いをします。 オンライン詐欺を回避する このガイドでは、オンライン・セーフティを考える際にほとんどの人が考えないようなことも含め、サイバーセキュリティに関するさまざまなトピックを取り上げています。強力なパスワードを作成するためのヒントから、休暇中の個人情報保護に関するアドバイスまで、平均的なインターネット・ユーザーがオンラインで安全に過ごすために知っておくべきことをすべてお伝えします。 サイバーセキュリティとは何ですか? サイバーセキュリティとは、不正アクセスや悪用からオンラインデータを保護するために使用される技術、実践、プロセスの総称にすぎません。毎日、インターネットの安全に関するヒントやサイバーセキュリティのベストプラクティスに従うことで、人々はサイバーセキュリティの一翼を担っています。この記事では、サイバーセキュリティとは何を意味するのか、なぜそれが重要なのかについて説明します。また、サイバーセキュリティのトレンドと、インターネット上でプライバシーとセキュリティを維持するためのさまざまなヒントについても紹介します。 データ漏洩  データ漏洩とは、機密データや個人情報が共有されたり、盗まれたり、その他の方法で送信されたりするあらゆる事故のことを指します。詐欺師やハッカーは、個人の財務情報にアクセスするために、銀行や大手小売店などの企業を標的にすることが多いですが、データ侵害はどこででも発生する可能性があります。データ流出への対応について詳しくは、以下の資料をご覧ください。 マルウェア マルウェアとは、デバイスの機能を停止させたり、感染させたりすることを目的とした悪意のあるソフトウェアのことです。マルウェアの中には、ハッカーがデバイスを遠隔操作できるようにするものもあります。マルウェアを防ぐには、アンチウイルス・ソフトウェアを使用し、技術的なベストプラクティスを実践することが重要です。 バックアップ データのバックアップとは、データのコピーを外付けハードディスクなどの別のストレージデバイスに保存することです。多くの人は、クラウド・ストレージを利用して、オンライン上にバックアップを保存しています。 なぜサイバーセキュリティが重要なのか? 現代の生活は、基本的にインターネットと絡み合っています。ほぼすべての日常業務がオンラインで統合されるようになり、ほとんどの人がノートパソコン、電話、タブレット、スマートウォッチ、スマートテレビなど、複数のデバイスを所有しています。オンライン上のアカウントやデバイスが増えれば増えるほど、犯罪者があなたの個人情報にアクセスし、あなたを利用する可能性は高くなります。 子供のためのインターネット・セーフティ このセクションは、親御さんに向けたものです。お子さんの年齢を問わず、インターネット上でお子さんを安全に守るための戦略が必要です。インターネットは学習や娯楽のための素晴らしいツールですが、子どもは年齢に応じた画像、ビデオ、情報のみを見るべきです。 ペアレンタルコントロールやコンテンツフィルターは、その第一歩となります。検索エンジンには、好ましくないコンテンツをフィルタリングする「セーフサーチ」機能があり、子ども向けの特別な検索エンジンもあります。携帯電話にもペアレンタル・コントロールのオプションやアプリがあり、親が子どものネット利用を安全に守る手助けをしてくれます。残念ながら、ハッカーやネット犯罪者の中には、フィルタリングや検閲を回避する方法を見つけている人もいます。