Sun. Dec 4th, 2022

Category: 日本に関するニュース

日本と最新のロボット技術

東京のオフィスビルに設置されたこの警察ロボットは、バッテリーで動作し、遠隔地にいる人間のスタッフのために構内をパトロールします 日本は高齢化と労働力の減少に伴い、老人ホーム、オフィス、学校などにロボットを導入している。同じ問題に直面している他の国々に何を教えることができるだろうか? 急速な高齢化、記録的な海外からの観光客の増加、そしてこれまで以上に多くのロボットが登場するなど、日本は変わりつつある。そこで登場するのが、日本の若者たちです。BBC Worklifeの新シリーズ「Gen J」は、日本の次世代がどのように明日の日本を形成していくのか、その過程をお伝えします。 東京・品川の洗練されたオフィスビルでは、ランチのために社員が出たり入ったりしています。ガラス張りのドアをくぐると、2人の警備員とすれ違い、それぞれが厳粛な沈黙の中で通路を囲んでいる。しかし、その警備員の一人がロボットであることに気づくまでは、何の変哲もない光景にしか見えませんでした。 身長180cm、車輪付き、青い制帽をかぶった彼の名前はウーゴ。2時間おきにビル内を巡回し、呼び出しボタンを押してエレベーターを呼ぶこともある。普段は青い大きな目をしたデジタルな「顔」が、日本語の「勤務中」という文字に置き換えられている。 昨年、トヨタが発表した2020年夏季オリンピックのロボットマスコット。自動車大手は大会期間中、人間支援ロボットも公開する 。 近年、見出しや評論家、政治家はしばしば、我々は職を奪うロボット革命の真っ只中にいると警告してきた。しかし、ロボット工学者は、彼らの創造物は我々に取って代わるのではなく、むしろ補完するものだと主張している。さらに、郊外の老人ホームから政府の最高レベル機関に至るまで、多くの機関がロボット時代を積極的に受け入れており、数年前にロボット開発に1000億円を投資することを発表した。中には、若い新入社員へのアピールポイントとして、ロボットの同僚を強調する企業もあるほどだ。 2020年の東京オリンピックが近づくにつれ、トヨタのような企業が、ゲストと対話し、フィールドでアスリートを助ける新しい人型ロボットを披露する場として、世界の注目が日本に向けられているのです。世界的に高齢化が進み、自動化が進む中、日本のロボットフレンドリーな現在が、他のすべての人の未来になる可能性があるからです。 この警察ロボットは、別室にいる人間の目となり耳となり、警察官をサポートする。中国や韓国などの国々がこのような技術に関心を示している。 この警察ロボットは、別室にいる人間の警官の目となり耳となる。中国や韓国などの国々は、このような技術に関心を示している。 新しいテクノロジー、高齢化社会 東京の特別養護老人ホーム「シルバーウイング」では、20数名の高齢者が共有スペースに座り、プリンのカップが配られている。部屋の中央には職員と人型ロボット「ペッパー」がいて、グループゲームや体操を指導しています。 Pepperは「漢字当てゲーム」を主催しています。大きなスクリーンに超拡大された漢字の一部が映し出され、観客はそれを声に出して確認しなければなりません。入居者の多くは認知症の方です。 「コミュニケーションロボットと人間のスタッフとの自然な会話の中で、認知症の方がどこにいるのか、誰なのかを尋ねています」と、銀翼のディレクター、石川公也は言います。”入居者一人ひとりの個人情報を覚えるのは(ロボットと比較して)難しいので、その部分でロボットが(支援に)活用されています。” 日本は高齢化の波、少子化、人口減少により、人口動態の大きな課題に直面している 。

Covid19のパンデミックに日本はどう対処しているか

東京オリンピックが閉幕した数日後、日本はコロナウイルス災害に向かって突き進んでいるように見えました。8月13日、開催都市では、デルタ型に起因する新たなCovid-19感染者が5,773人発生したと報告されました。全国では25,000人を超えた。 感染者の急増は、オリンピック開催に反対していた国民に、パンデミックのために競技が見られないと告げ、憤慨させることになった。病院はかつてないほどの負担を強いられ、ベッド不足のため、陽性と診断された数千人の患者は自宅で療養し、場合によっては命を落とすことになった。 当時の菅義偉首相は、自らの最高顧問を無視して大会を推進し、支持率が低迷する中、退陣に追い込まれた。半年近く続いていた首都圏の非常事態は、またもや延長されそうな勢いである。 緊急措置がようやく解除されてからほぼ2週間が経過した今週、東京をはじめ日本全国で新たな感染者が激減し続けている。英国を含むヨーロッパの一部では、8月以降世界的に緩やかに減少しているにもかかわらず、感染者を抑えるのに苦労している。一方、日本の感染者は1年以上ぶりの低い水準に落ち、世界第3の経済大国である日本にとって最悪の状況は脱したかもしれないという楽観論を引き起こした。 月曜日に東京で報告された感染者数は49人で、これは昨年6月下旬以来の最低値であり、日本全国では369人であった。 専門家によると、日本の運勢の異常な好転を説明できる要因は一つもない。 しかし、日本では予防接種と複雑な歴史的関係があるにもかかわらず、スタートが遅かったにもかかわらず、ワクチン接種が印象的な公衆衛生キャンペーンに変身し、米国でのワクチン接種を遅らせたような抵抗もほとんどなかったという点では、広く意見が一致している。 今日まで、日本は1億2600万人の人口のほぼ70%を保護するためにコビドワクチンを投与してきました。 政府は、11月までに希望者全員にワクチンを接種すると発表している。今週、岸田文雄新首相は、12月から医療従事者と高齢者を対象にブースターショットを提供すると述べた。 専門家が挙げたもう一つの要因は、インフルエンザが流行する前の季節に染み付いたマスクの着用が広まっていることである。諸外国では室内などでのマスク着用が義務化されているが、日本人の多くはいまだにマスクなしで外出することに抵抗があるようだ。 サマースパイクの終焉 オリンピックの開催期間中は、たとえ会場に入ることができなくても、暑い日には集団で過ごすことが多く、リラックスした雰囲気が夏の流行に拍車をかけたかもしれません。 日本でのレストラン 日本は先月、非常事態を解除したが、専門家は自己満足は冬に再び感染症の波を引き起こす可能性があると警告している。 京都大学の感染症モデラーで政府アドバイザーの西浦博氏は、「休日は、普段会うことのない人と会い、しかも顔を合わせて食事をする機会が多くなる」と語った。 しかし、キングス・カレッジ・ロンドンの人口衛生研究所の前所長である渋谷健司氏は、「人の流れが8月の感染症を促進したのか」と疑問視している。 「主に季節性、次にワクチン接種、そしておそらく我々が知らないウイルスの特徴によって引き起こされる」と述べた。 今のところ、日本では楽観的なムードが漂っており、「日常」が戻りつつあることが感じられる。

日本、6月から観光客を受け入れ

アジア諸国が海外旅行者へのサービスを再開する中、アジアで最も人気のある旅行先のひとつである日本は、依然として閉鎖的なままです。 それが間もなく変わるかもしれない。岸田文雄首相は木曜日、ロンドンでの記者会見で、日本が6月に国境管理を緩和することを発表した。 地元では、パンデミック関連の国境規制の緩和を祝うことが多いが、日本ではこのままの措置で構わないと言う人もいる。 パンデミック以前から、多くの地元の人々は国内旅行を好んでおり、政府が支援する観光庁によると、2019年の国内観光総額は21兆9000億円(1670億ドル)だった。 現在、日本人は海外旅行が認められているが、多くの人は「海外に行きたくない」ので、代わりに「国内旅行」を選ぶと、旅行会社ジャパン・ローカライズの創業者、宮本大氏は言う。 日本スペースシステムズの専務取締役である三上泉氏は、パンデミック前に観光地であった九州島と沖縄島を訪問した。観光客が少なくなり、安心できたという。 家にいる時間が長かったので、この機会に屋外に出る人もいる。 大学生の森重昭吾さんは、1998年の冬季オリンピックが開催された長野県に何度もスキー旅行に行き、地元の人たちで「驚くほど混雑していた」という。 ツアーは変化している 日本政府観光局によると、日本への海外旅行者は2019年の約3200万人から、2021年にはわずか25万人に減少した。 ほぼ全員が地元の人という客層で、一部のツアー会社は地元の関心に適合するようにツアーを再設計した。 日本の旅行者は大都市を訪れることを避け、「歩いて発見できる」アウトドア体験を選んでいると、宮本氏は言う。そこで、パンデミック以前は英語を話す外国人向けのツアーを提供していたジャパン・ローカライズドは、地元のツアー会社マイマイ京都、マイマイ東京と協力し、日本語のウォーキングツアーを提供することにした。 また、キャンプ場や温泉で過ごす人も増えているという。 「キャンプ場はとても人気があります。「キャラバンのレンタルやアウトドア用品の販売も好調で、アウトドアに出かける人が増えているようです」。 若い人に人気の高級温泉は「かなり好調」だが、伝統的な温泉は、高齢者が「コビットをかなり恐れて」あまり外出しないため、苦戦しているとリー氏は述べた。 観光客の食欲は変化し、「人口密度の高くない地方」で「ニッチ」なアクティビティを求めるようになっているのだという。 オーバーツーリズム 観光庁によると、日本は2019年に3200万人近くの外国人観光客を迎えましたが、そのわずか10年前の680万人から増加しました。 観光客の急増により、文化的に豊かな京都のような主要な観光地は、オーバーツーリズムに悩まされることになった。 夏は旅行需要でガツガツいくと思う、とマリオットCEO…