Sun. Dec 4th, 2022

今では当たり前に使っているインターネット。毎日使用しているパソコンやスマートフォンでは、インターネットの存在は欠かせません。最近ではリモートワークが促進されており、ますますインターネットの重要性が高まってきています。では、インターネットはどのように誕生したのでしょうか。この記事ではインターネットの歴史を振り返っていきます。

ぜひこの記事でインターネットに関する詳しい情報を身につけましょう。

そもそもインターネットとは

インターネットがどのように機能するかについて考えることはあまりなく、多くの人がインターネットを当たり前のものと思っているため、これは難しいことかもしれません。簡単に説明すると、インターネットは、標準化された方法で互いに通信し、効率的かつ効果的に情報を共有することができるコンピュータの非常に大きなネットワークであると言えます。

インターネットの歴史

1969年、インターネットの最初のバージョンが作られ、4つの「ノード」間のネットワーク(ARPANETと呼ばれる)としてセットアップされました。UCLA、スタンフォード研究所、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ユタ大学(マック)の4つの「ノード」間でネットワーク(ARPANETと呼ばれる)が構築された。1969年10月29日、チャーリー・クラインという学生プログラマーが、ARPANET上で最初のメッセージを送った。 LO」というシンプルなメッセージは「LOGIN」のはずだったが、「O」の後にシステムがクラッシュしてしまった(ノーマン)。

Don DeBold from San Jose, CA, USA, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons

ARPANETとは?

ARPAとは、Advanced Research Projects Agencyの略。NETはネットワークの略。ARPAはアメリカ国防総省の一部でした。

このように地味な始まりから、情報共有やコミュニケーションの新しい方法が生まれてきました。1971年には、最初の電子メール・メッセージが登場し、さらにネットワークの構築と国際的な拡大が見られ、1983年に発表されたネットワークの標準化が促された(McDowall)。これがやがて、1993年にCERN(欧州原子核研究会議)が発表し、ティム・バーナーズ=リー(Greenemeier)が主導したWebの確立につながったのです。したがって、この言葉はしばしば同じ意味で使われますが、インターネットとWebは別物です。Webは簡単に言うと、インターネット上で動作するアプリケーションで、インターネットからの情報を標準化し共有する方法を促進するものです。

Web上の情報を表示するためのプラットフォームとして、ブラウザが必要となり、現在では、Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeの3つが代表的なブラウザとして知られている。また、Web上の情報をインデックス化し、検索するツール、すなわち検索エンジンの必要性が高まり、現在では、Google、Yahoo!などが世界中で使用されるようになりました。

DNSシステム誕生

DNS(Domain Name Servers)のコンセプトは、1984年(ジョージ・オーウェルの小説と同じ年)に生まれました。DNS以前は、ネットワーク上の各ホストコンピューターには、単に名前が割り当てられていました。この名前は、誰でも簡単にアクセスできる一元化されたデータベースに登録されていましたが、教育、医療、ニュースなど、目的別にコンテンツを分類する機能はありませんでした。

DNSシステムは、各ホストコンピューターに接尾辞を付け、.edu、.gov、.orgなど、今日見られるような階層的なウェブアドレスを誕生させたのである。また、国別に場所を分けることもできます。

By Kai

Leave a Reply

Your email address will not be published.