松本総長がブータン王国・ケサン・チョゼン・ワンチュク王女殿下ご夫妻と懇談しました
2011.02.12 10:00

松本紘 総長は、2011年2月12日、裏千家・今日庵において、来日中のブータン王国・ケサン・チョゼン・ワンチュク王女殿下ご夫妻ご一行と懇談しました。

同王国第4代国王シミグ・シンゲ・ワンチュク陛下が、第2回KYOTO地球環境の殿堂入り表彰を受けられるにあたり、王女殿下が国王の名代として「京都環境文化学術フォーラム(会長:松本総長)」および「KYOTO地球環境の殿堂表彰式典」のために来日、入洛されました。

王女ご一行は、数多い茶道文化の歴史的遺産の中にあっても秀逸と称される、茶祖・千利休居士ゆかりの裏千家・今日庵(重要文化財)において、典雅な茶道を楽しまれ、今後のブータン王国の発展と京都大学におけるブータン研究会等について松本総長らと歓談されました。

このお茶席には、本学から赤松明彦 理事・副学長、浅野耕太 総長室副室長、間藤徹 理事補、松沢哲郎 霊長類研究所長、松林公蔵 東南アジア研究所教授も同席しました。

Please enable JavaScript in your browser.