ブータン上院議院ペンジョール議長一行との懇談会を開催しました
2011.09.30 10:00

2011年09月30日

参議院議長の招きで日本を公式訪問していたブータン上院議院ペンジョール議長一行が来学され、赤松明彦 理事・副学長ならびに京都大学ブータン友好プログラム(以下、友好プログラム)のメンバーが歓迎の意を込めて懇談会(世話人:吉川左紀子 こころの未来研究センター長)を開催しました。

懇談会は、参加者の短い自己紹介の後、赤松 理事・副学長からの歓迎の言葉、松沢哲郎 友好プログラム世話役代表によるプログラムの実施経緯に関する説明がありました。続いて、中嶋智之 経済研究所教授による「Culture and Economic Behavior」、熊谷誠慈 次世代研究者育成センター特定助教による「Prospects for Buddhist Studies in Bhutan」、山本真也 霊長類研究所特定助教による「Nature in Bhutan and its Environmental Education」の研究報告を行い、本学とブータンとの今後の交流計画について熱のこもった話し合いが行われました。

京都大学WEBサイト お知らせ記事を読む
Please enable JavaScript in your browser.