ブータン地域医療活動への参加に関する医学部学生の公募
2014.08.08 10:00

2012.11.17 たくさんのご応募ありがとうございました。 こちらのページで今回の公募による派遣報告がご覧いただけます。

京大東南アジア研究所フィールド医学チームは、京大ブータン友好プログラムの活動の一環として、ブータンの村落において高齢者のヘルスケアデザインを構築する活動をおこなっております。今回、26年10月5日から約1ヶ月間、医師に随行してブータンでの医療活動を見学・補助する学生を公募いたします。
以下の公募要領をお読みいただき、希望者は、メールで応募下さい。


公募要領

活動内容
ブータン・ワンディポダン県サムテガンBHU(診療所)に滞在して、地域住民高齢者の健康診断、地域に住む高齢者のお宅を訪問、データ入力などをおこないながら、ブータンの地域医療を見学します。・日程(予定):2014年10月5日(日本出発)から11月5日(日本帰国)。

募集人員:京都大学医学部生1名(学年は問わない)。

費用 :
旅費、滞在費等は、京大の公費でまかないます。

備考 :
滞在地域には、宿泊施設がありません。そのためキャンプ生活になる可能性がありますが、食事は用意いたします。

希望者は、略歴(形式自由、英語検定試験の成績があれば記載)と800字以内の抱負書を添付して、東南アジア研究所:松林公蔵までメールで申請ください。
E-mail: kmatsu[アットマーク]cseas.kyoto-u.ac.jp
公募期間は、8月11日(月)-8月25日(月)必着です。申請者多数の場合は、履歴書ならびに抱負書をもとに審査して選考いたします。

Please enable JavaScript in your browser.