Tue. Sep 27th, 2022

東京オリンピックが閉幕した数日後、日本はコロナウイルス災害に向かって突き進んでいるように見えました。8月13日、開催都市では、デルタ型に起因する新たなCovid-19感染者が5,773人発生したと報告されました。全国では25,000人を超えた。

感染者の急増は、オリンピック開催に反対していた国民に、パンデミックのために競技が見られないと告げ、憤慨させることになった。病院はかつてないほどの負担を強いられ、ベッド不足のため、陽性と診断された数千人の患者は自宅で療養し、場合によっては命を落とすことになった。

当時の菅義偉首相は、自らの最高顧問を無視して大会を推進し、支持率が低迷する中、退陣に追い込まれた。半年近く続いていた首都圏の非常事態は、またもや延長されそうな勢いである。

緊急措置がようやく解除されてからほぼ2週間が経過した今週、東京をはじめ日本全国で新たな感染者が激減し続けている。英国を含むヨーロッパの一部では、8月以降世界的に緩やかに減少しているにもかかわらず、感染者を抑えるのに苦労している。一方、日本の感染者は1年以上ぶりの低い水準に落ち、世界第3の経済大国である日本にとって最悪の状況は脱したかもしれないという楽観論を引き起こした。

月曜日に東京で報告された感染者数は49人で、これは昨年6月下旬以来の最低値であり、日本全国では369人であった。

専門家によると、日本の運勢の異常な好転を説明できる要因は一つもない。

しかし、日本では予防接種と複雑な歴史的関係があるにもかかわらず、スタートが遅かったにもかかわらず、ワクチン接種が印象的な公衆衛生キャンペーンに変身し、米国でのワクチン接種を遅らせたような抵抗もほとんどなかったという点では、広く意見が一致している。

今日まで、日本は1億2600万人の人口のほぼ70%を保護するためにコビドワクチンを投与してきました。

政府は、11月までに希望者全員にワクチンを接種すると発表している。今週、岸田文雄新首相は、12月から医療従事者と高齢者を対象にブースターショットを提供すると述べた。

専門家が挙げたもう一つの要因は、インフルエンザが流行する前の季節に染み付いたマスクの着用が広まっていることである。諸外国では室内などでのマスク着用が義務化されているが、日本人の多くはいまだにマスクなしで外出することに抵抗があるようだ。

サマースパイクの終焉

オリンピックの開催期間中は、たとえ会場に入ることができなくても、暑い日には集団で過ごすことが多く、リラックスした雰囲気が夏の流行に拍車をかけたかもしれません。

日本でのレストラン

日本は先月、非常事態を解除したが、専門家は自己満足は冬に再び感染症の波を引き起こす可能性があると警告している。

京都大学の感染症モデラーで政府アドバイザーの西浦博氏は、「休日は、普段会うことのない人と会い、しかも顔を合わせて食事をする機会が多くなる」と語った。

しかし、キングス・カレッジ・ロンドンの人口衛生研究所の前所長である渋谷健司氏は、「人の流れが8月の感染症を促進したのか」と疑問視している。

「主に季節性、次にワクチン接種、そしておそらく我々が知らないウイルスの特徴によって引き起こされる」と述べた。

今のところ、日本では楽観的なムードが漂っており、「日常」が戻りつつあることが感じられる。

By Kai

Leave a Reply

Your email address will not be published.